カーセンサーのネット車査定で愛車を高く売ったお話

カーセンサーのネット車査定で車の売却を体験してみた

仕事で使わなくなったので売ることに

 

仕事で車が必要だったので、3年落ち3万キロのプリウスを中古で買って使っていました。プリウスを選んだ理由というのが自家用車を業務使用する際の手当が一律だったので、燃費のいい車をということで選んだのです。

 

 

人気の車ですから中古車でもいい値段はしたのですが、長く使い続けていれば元が取れると思いプリウスを選びました。
ところが丁度一回目の車検を迎える頃に異動となって、車を使う機会が減ったことから悩んだのですがプリウスを売ることにしたのです。

 

通勤で使っても良いのですが、手当はなくなりますしバスで30分もかからない距離でしたから、必要のない車を持っていても勿体無いと思い売ることにしたのです。
ただ、購入時から4万キロも走行距離が伸びていたのが気がかりで、ひとまず自分と同じぐらいの条件のプリウスがいくらぐらいで売られているのか調べるところからはじめました。

 

カーセンサーで軽く価格を調べるところから

 

自分の買ったプリウスはカーセンサーで見つけて購入をしたので、まずはカーセンサーで現在の自分の乗っているプリウスと同じぐらいの状態のものはいくらぐらいになっているのか、チェックしてみることにしました。

 

すると、やはり人気の車だけあって売値は高く多少過走行気味でもいい値段で売れるのではと思いました。

 

 

カーセンサーのネット一括車査定を試してみることに

 

購入をしようとしていたときには、特に気を留めていたなかったのですが、カーセンサーには買取査定の申込みを一括でできるサービスがあるとわかったので試してみることにしました。

 

一応、すぐには申し込まず注意点がないか情報収集してみると、すぐに連絡がくるので申し込みすぎると大変なことになるということと、メールで届く金額はあくまでも概算価格で目安にしかならないということがわかりました。

 

 

 

とりあえず、複数の業者に査定の申し込みをするには便利だということがわかったので、四社ほどに申し込んでみることにしました。
申込み自体は本当に簡単で車の年式や走行距離や、車検証に記載されている内容などを入力するだけですぐに申込みが完了しました

 

そして、事前に調べたとおり本当に直後に直ぐに電話がかかってきて驚きました。

 

準備をしてからカーセンサーの車査定に挑むことに

 

査定は週末に受けることになったので、それまでに準備をしておくことにしました。

 

カーセンサーのコンテンツで高額買取につながる方法などが記載されていたのでそれを参考にして、更にそれ以外にも実際に査定を受けた人の体験談などを参考にして交渉の仕方なども調べておきました。

 

車を綺麗に掃除をして、付属品も揃え、更に交渉においてしたほうが良いことしてはいけないことを頭にインプットしていよいよ査定に挑むことになったのです。

 

査定の大まかな流れがつかめた

 

最初に査定を受けることになったのは、ガリバーでした。

 

そして、全体的には状態がいいと評価をしてくれたのですが、やはり距離がネックということで高値をつけるのが難しいという感じで話を進めてきました。
事前に下調べをしていたとおり、なかなか査定額を告げては来ないで希望額を聞き出そうとしてきたため、なるほどまさに事前の情報通りだと思いました。

 

そこで少し確かめたかったこともあったので、メール査定で一番高値を提示してきた業者の査定額を希望額として告げてみたのです。
すると、少し難しそうな表情をしたので、このあたりが上限なのかなと思ってしまいました。

 

そこから提示された金額ですが、自分が提示した希望額よりも5万円ほど安い金額で、これだったら他の業者に話を聞かずに売ってしまうのは勿体無いなと思いました。

 

 

とりあえず査定額が出たので話を打ち切ろうとすると、今度は今決めてくれるなら希望額を出すと言ってきたので驚いてしまいました。
あくまでも即決をしてくれるならこの金額を出せるということで、今でなければ金額が保証できないということだったのです。

 

ここで、これが即決をしては行けないという奴なのかなとピンときたのですが、やはりプロの迫真の演技をされるとその気にさせられそうになるもので、知っているにも関わらず売ったほうが良いのかなと不安になってしまいました。

 

しかし、一括査定を受けていて実際に高値を提示してくれている他の業者がいるわけですから、慌てて売ることもないなと思ってその話は断ることにしました。

 

もしも、一括査定を受けていなければ売ってしまっていた可能性も高いので、仮ではあっても複数の業者の査定結果を知っていたのは役に立ったと感じました。

 

とりあえず、一社から査定を受けてみて感覚を掴んだことで雰囲気はつかめたので、次からはもう少し交渉もしやすくなるだろうと感じました。

 

 

駆け引きのない気持ちのいい交渉ができた

 

二社目は一番メール査定で高値を提示してくれた地元の買取業者であり、ここも車自体は高く評価をしてくれて走行距離だけがネックですねと言ってきました。

 

メール査定で高値を提示してくれていたということもあって、下手な駆け引きはせずセオリー通り希望額は答えずに一番高い金額を提示してくれた業者に売るとだけ伝えました

 

すると、実際に提示してくれた金額はメール査定で伝えられた上限金額で、しっかり高く評価をしてくれているのだなと感じさせるものだったのです。
ただ、それ以上の上積みはどれだけあるかなと言う感じで、その業者は最初から高い金額を提示して勝負をかけてくるという雰囲気でした。

 

その証拠に即決をしてくれるならもう少しぐらいならアップできますという控えめな言葉を残していったので、再度上限はこの辺にあるのかなと言う感じがつかめました。

価格はイマイチだったけど役に立つ話が聞けた

 

三社目はT-UPでトヨタの買取業者ということもあって、期待をしたのですが金額はいまいちでした。
トヨタ系だけに逆に、プリウスみたいな車は余っているのが原因なのかなと思いました。金額はいまいちだったものの、対応に関してはトヨタらしくとても丁寧で満足ができる金額を提示できなくて申し訳ないと言ってきてくれたのでむしろこちらの方が恐縮してしまうほどでした。

 

交渉をしても上積みも見込めない感じだったので、軽く査定のことで雑談をしたのですがその中で査定のコツであったり、してはいけないことなどアドバイスをしてもらうことができたのでとても参考になりました。

 

また、思い切って二社目が提示してきた金額を伝えてみるとそこそこいい金額でそこからどれだけ上積みが見込めるかがポイントだと教えてくれたのです。

 

最後だったので少し悩んだ

 

四社目はアップルだったのですが、こちらは最後ということもあってざっくりとした交渉で金額もいきなり高いところから始まりました。

 

それでも二社目よりは低かったのですが、好例の即決の願いがあり上手く行けば高く売れそうな雰囲気があるのと、最後ということで悩んでしまいました。
上限近いところまで来ているわけですから、即決をしてしまっても良いような気もしましたが、少し悩んでここまで来たなら最後までじっくり交渉をしようと考え即決はせずにもう一度他の業者にも話を聞くことにしたのです。

 

 

納得して売ることができた

 

T-UPは上積みが見込めませんでしたから、とりあえず残りの三社に連絡をしてそれぞれにこちらが希望する金額に応じてくれるならそこで話を決めようと考えていました。

 

最初はガリバーに連絡をしてこの金額は厳しいだろうなという金額を提示して、それで即決をしてくれればガリバーに買ってもらおうと思い声をかけてみました。
その結果、ガリバーの最初の提示額よりはかなりアップしたものの、それでも提示した金額より3万円低い金額だったので交渉は決裂しました。

 

この金額だったら二社目の地元の業者に買い取ってもらいたいと思い、二社目の地元の買取店に連絡をしてみるとガリバーが提示した金額より1万円ではありましたが上乗せしてくれたので、ここで売ることを決めました。

 

アップルに声をかけることはなかったのは残念でしたが、最初から良い金額を提示してくれて最後もできるだけこちらの要望に応えてくれたこの業者に売ったほうが気分が良いと考えたのです。
交渉をするのは大変でしたが、カーセンサーを利用して金額を比較したことで高く、そして納得の行く金額で売れたのは本当に良かったです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ